Fetch as Googleのインデックス登録リクエストの回数制限の上限は?

ブログ運営をしていく上で欠かせないのが『fetch as google』です。

どのジャンルのブログを運営しているかに関わらず、ネットで稼いでいる人はだいたい使ったことがあるはずですね。

今回は、fetch as googleとは何なのか。

回数制限やインデックスされない時の対処法について解説していきます。

Fetch as Googleの回数上限が変更

2018年に入りfetch as googleを使用できる回数の上限が変更となりました。

トレンド系のブログを運営している場合は、利用する機会も多くなると思うので、回数の上限はきっちり把握しておきましょう。

個別URL

『このURLのみをクロールする』という項目ですが、以前は30日間で500件まで送信することが可能でした。

変更後は、『1日に10件』までに変更されています。

かなりごっそり減った気もしますが、1ヶ月で見てみれば300件の送信ができます。

200件というのは、かなりの数だとは思いますが、ブログパワーが弱い状態で速報系を1日中狙っていないと、10件も送信するということはないと思うので、あまり影響はないかもしれませんね。

全URL

『このURLと直接リンクをクロールする』という項目は、30日間に10件まででした。

変更後は、1日2件までに変更されています。

全URLに関しては、30日間で計算すると60件の送信を行えるので、逆に50件も増えたという形になりますね。

まとめ

fetch as googleの回数上限が

個別URL(このURLのみをクロールする)→1日10件、30日間で300件

全URL(このURLと直接リンクをクロールする)→1日2件、30日間で60件

と変更されましたが、そこまで気にするほどのことではないと思います。

 

ただ、『回数の上限ができた』という事実は把握していなければ、インデックスをリクエストしたかった記事をリクエストできなかった…。

ということも起こりえるので、計画的に利用してくださいね。

自由な働き方を実現する方法

『好きな場所』で『好きな時間』にシゴトをする。
自由な働き方を実現するために必要なエッセンスを盛り込んだメルマガを無料で配信中。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・1日2時間の作業で月収100万円を稼いだ方法
・自動で収益が入り続けるメディアの運営方法
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
など…
今ならあなただけの“シゴトのカタチ”をつくるためのノウハウを詰め込んだメンバーズサイトに無料でご招待しています!