Fetch as Googleの『リダイレクトされました』エラーの5つの原因と解決策

ブログを運営していく上で欠かせないのが、Fetch as Googleですが、たまに『リダイレクトされました』というエラーが出ることがあります。

今回の記事では『リダイレクトされました』の原因や解決策に関しての対処法を解説していきます。

Fetch as Googleで【リダイレクトされました】の解決策や対処法

ステータスの部分が完了ではなく【リダイレクトされました】と表示される場合があります。

『完了』ではなく『リダイレクトされました』となってしまうと、正しくリクエストが送れていないことになります。

 

それでは『リダイレクトされました』エラーの原因を見ていきましょう!

「リダイレクトされました」エラーに多い5つの原因

『リダイレクトされました』のエラーが出る原因は色々なことが考えられます。

記事が投稿されていない

そもそも記事を投稿していない場合は存在しないURLなので、いくらクロールの依頼をしたところで意味がありません。

当たり前のように見えますが、案外こういった簡単な所が落とし穴だったりします。

別のブログのURLと勘違いして入力した

複数ブログ、複数のサーチコンソールアカウントを持っている方に限りですが、別ブログの記事URLを間違って入力した場合も「リダイレクトされました」のエラーが表示されます。

1つしかブログを運営していない人には関係ない話ですが、サーチコンソールに登録したブログと、入力したブログURLが同じか確認してくださいね。

URLを間違って入力している

サーチコンソールは、一文字でも間違っているとクロールを依頼することが出来ません。

URLを貼り付ける際は、コピペして入力すると間違いが防げます。

https://URL/を入れている

https:~の部分は不要です。

ちなみに、https~を入れるとこのようになります↓

https化(常時SSL)する前のサーチコンソールでリクエストしている

最近の流れを受けて、URLを『http』から『https』に変更した方も多いと思いますが、httpsに変更した場合はサーチコンソールも新たに登録しなおす必要があります。

httpのサーチコンソールにhttps化した後のURLを入力してしまうと、存在しないURLなので、リダイレクトされましたエラーが出てしまいます。

最後のスラッシュが抜けている

最も考えられる原因が、最後のスラッシュが抜けていることです。

 

今回の私たちの記事は下記の様なURL(パーマリンク)になっています。

fetch-as-google/

上記URLの最後の【/】が抜けて

fetch-as-google

この様な状態でリクエストを送信すると『リダイレクトされました』というエラーが表示されます。

 

サーチコンソールにURLを入力するときは、パーマリンク+最後のスラッシュを忘れないようにしてくださいね↓

fetch-as-google/

『リダイレクトされました』のエラーの原因は様々ですが、案外簡単なミスをしてしまっていることが多いので、一度確認してみてくださいね。

 

ちなみに『リダイレクトされました』エラーが出ても、『リクエストの送信できない』以外の不都合はありませんのでご心配なく!

時間やお金に縛られない新しい"シゴトのカタチ"

  • 自宅やお気に入りのカフェをシゴト場にしたい
  • 大切な人とずっと一緒に過ごしたい
  • 会社に依存せずに生きていきたい
  • ブログで収入を得たいけど何から始めればいいかわからない

そんな夢を叶えるために必要なエッセンスを盛り込んだメルマガを無料で配信中です!

私たちはネットビジネスで4年間も収入を得ることができませんでしたが、今では400万円以上をブログだけで稼いでいます。

そんな私たちが歩んできたストーリーを読めば、仮にあなたが何も知らないゼロの状態だったとしても、時間やお金に縛られない新しい"シゴトのカタチ"を実現できるはずです。

今なら私たちが月間190万人を集めたブログノウハウを詰め込んだメンバーズサイトに無料でご招待しています!

解除は簡単にできるので、お気軽に登録してくださいね〜。