上司のパワハラで退職は会社都合になる?私が自己都合にされた経験談

上司からパワハラを受け、限界に達して会社を辞めることを決意したものの、退職する理由として『会社都合になるのか』ということについて気になる人は少なくありません。

実際に私も上司からのセクハラ・パワハラが原因で退職を決意し、会社を辞めました。

私の場合は辞めざるを得ない状況になってしまって退職することになったんですが、労働基準局やハローワークに相談した結果『自己都合』とされてしまいました。

 

退職する際に『会社都合or自己都合』どちらになるかで、その後の生活などに大きくかかわってくることはご存知かと思います。

セクハラやパワハラなどの行為は許されることではないんですが、どうして私はパワハラを受けたにも関わらず『会社都合ではなく自己都合』にされたのか。

私の経験談を踏まえて記事にしていきます。

会社都合退職と自己都合退職の違い

退職する際にハローワークなどに行くと「なんで辞めたんですか?」などと問われることがあります。

会社を辞めた理由によって、ハローワークの人が『会社都合退職なのか自己都合退職なのか』を判断してくれるんですが、「会社都合と自己都合って何が違うの?」と疑問に思う人も少なくありません。

そこで、『会社都合退職』『自己都合退職』は何が違うのか?ということについてお話ししますね。

会社都合退職とは

会社都合退職というのは言葉の通りなんですが、『会社の都合で退職すること』を言います。

会社が倒産するからなんて理由で退職せざるを得ない状況だとすれば、それは間違いなく会社都合として捉えられます。

リストラや経営不振など、会社側が一方的に労働契約を解除して、雇われている側が退職しなければいけない時も同じです。

自己都合とは

自己都合退職は、会社側ではなく『雇われている側の都合で退職すること』を言います。

雇われている側(労働者側)が結婚や妊娠、引っ越しや転職などを理由に会社を辞める、つまり『自分の都合で退職する場合』は自己都合退職となります。

会社都合と自己都合ではその後の生活が変わる?

ここまでは”会社都合と自己都合の違い”についてお話ししてきました。

そもそも、何で会社都合か自己都合で分ける必要があるのか?というところを見ていきましょう。

 

退職をすると『失業保険(失業給付金)』がもらえるのはご存知かと思います。

自己都合で退職した場合には、失業給付金が支給されるまでに3カ月かかります。

待機期間が7日間あるので、ハローワークに離職票を提出してから7日+3カ月後から支給がスタートするということですね。

 

会社都合で退職する場合だと、ハローワークに離職票を提出してから待機期間の7日+約1カ月後から支給がスタートするんです。

これにプラスして、自己都合だと給付日数が90~150日なんですが、会社都合だと90~330日と、150日以上の差があることがわかります。

 

何が言いたいのかというと、自己都合よりも会社都合で退職した方が労働者側にとってお得だということ。

というか、労働者側からすれば会社都合退職にはメリットしかないんですよね。

自己都合で退職した場合には、転職先を探している間も3カ月もの間ずっと収入が無い状態になってしまうわけですから。

上司からのパワハラで退職する場合は会社都合になる?

自己都合退社よりも会社都合退職の方が良いということがわかったと思うんですが、『上司からのパワハラで退職する場合は会社都合になるのか?』が気になるとことだと思います。

いじめ・嫌がらせ、セクシャルハラスメント;労働者が自らの意思で労働契約の解除を申し出たとしてもそれは会社が安全配慮義務に違反(怠った)した不法行為といえるので会社都合といえる。

過度な残業による疲労;業務で生じたことが原因もしくは退職前にそのようなことがあった場合は、その因果関係が立証できなくてもその事実があれば、自らの意思で退職を申し出ても会社都合といえる。

(引用:Wikipedia)

 

ここに書かれている通り『上司からのパワハラは会社都合になる』ということがわかります。

ただ、ご自身が「パワハラだ!」と思って退職したとしても、自己都合か会社都合かを判断するのはハローワークの職員さんなので、あらかじめ”証拠となるもの”を用意しておくのが良いということを聞いたことがあります。

日ごろ会社で「苦痛だ」と感じるようなことなどがあるなら、録音をするなり動画を撮影するなりして、証拠を用意しておくことで、ハローワークで理解してもらいやすいそうです。

上司のパワハラで退職した私が自己都合と判断された理由

先ほど、Wikipediaにも『パワハラで退職する場合は会社都合になる』と書かれているとお話ししました。

私が会社を辞めた理由は、完全に上司から受けたパワハラが原因です。

それなのに、どうして”自己都合”と判断されてしまったのでしょうか…

 

考えられることは以下の通りです。

離職日以前の1年間に、被保険者期間が通算して6ヵ月以上なかったから

これは失業給付金を受け取る資格があるかどうかの問題なんですが、私は新卒で就職し、就職後5カ月で会社を辞めざるを得ない状況になりました。

ハローワークに直接行って職員さんに会社での出来事を泣きながら話したんですけど、忙しかったのかしっかり話を聞いてもらえませんでした。

 

その結果、『被保険者期間が6カ月未満』ということから失業給付金を受け取る資格がないとされ「会社都合ね」と判断されてしまったのです。

 

当時は失業給付金をもらえるかもらえないかなんて私にはどっちでも良くて、とりあえず会社と関わりたくないという気持ちが強かったんですが、会社から退職届をせがまれて泣く泣く書いて提出したことを覚えています。

 

あくまでも私の経験談であり、ハローワークのすべての職員さんがこういった対応をするということは無いと思いますので、上司からのパワハラが原因で退職する際は、ハローワークに行って相談することをおすすめします!

時間やお金に縛られない新しい"シゴトのカタチ"

  • 自宅やお気に入りのカフェをシゴト場にしたい
  • 大切な人とずっと一緒に過ごしたい
  • 会社に依存せずに生きていきたい
  • ブログで収入を得たいけど何から始めればいいかわからない

そんな夢を叶えるために必要なエッセンスを盛り込んだメルマガを無料で配信中です!

私たちはネットビジネスで4年間、収入を得ることができませんでしたが、今では多い時で月収70万円を1つのブログだけで稼いでいます。

そんな私たちが歩んできたストーリーを読めば、仮にあなたが何も知らないゼロの状態だったとしても、時間やお金に縛られない新しい"シゴトのカタチ"を実現できるはずです。

今なら私たちが月間190万人を集めたブログノウハウを詰め込んだメンバーズサイトに無料でご招待しています!

解除は簡単にできるので、お気軽に登録してくださいね〜。